FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月定例会

2016.04.28.15:08

4月24日、“ぷれジョブたかおか”の定例会がありました。
会場に少し遅れて入ると、いつも以上の熱気。
参加者は22名、参加を希望するチャレンジド1名、初めて参加された方3名、
これが熱気の原因だ。チャレンジドの母、サポーター希望の定年後と思われ
る男性、若い女性教師。すみません、きちんとお話しする時間がなくて、
こんな表現しかできません。

これまで知らなかった人とつながりを持つことの喜び。

この日は二人の修了式を行いました。
Om君:ぷれジョブ第1号の彼も高校2年生。カフェで開店前の清掃作業を
してきました。掃除機、2種類の雑巾、テーブルと椅子を移動しての作業。
3人のサポーターが交替して支援しましたが、高校生になったOm君に対
してはかなり厳しく、掃除の基本動作について指導し、家でも手伝いをする
ように指導。丸く拭くのはダメ。
時間配分を考えて作業ができるようになった。
この日も、定例会の進行係を引き受け、先輩面をすることも時々。

Az君:3月で修了していましたが、彼の都合で1ヶ月遅れの修了式。
第2号の彼は、3月に高校を卒業、ぷれジョブもこの日で卒業。
修了証を渡した後に、過去のぷれジョブ中に私が撮った写真をプリントして
渡しました。彼は新聞にもテレビにも登場してぷれジョブの普及に協力して
くれました。お父さんが、彼が生きていくためには障がいを知ってもらって
支援を受けていくことが大切だ、と考えられたからでした。
4月からは就労継続支援B型事業所で活躍中です。

そして、その後に、彼から私に手紙を読んで渡してくれました。感激です。
Az君からの手紙

ちょっと光不足ですみません。

『6年間ありがとうございました。
ぼてじゃこでそうじをしました。
ホンダカーズでカレンダーをまいてテープでとめました。
サンコーでだいこんをふくろに入れました。
ありがとうラーメンでつくえをふきました。
やすらぎでたいそうが楽しかったです。
カネソでチラシをはりました。
弁けいでねだんづけをしました。
ぷれジョブはいつも楽しかったです。

ありがとうございました。
    平成28年4月24日
        A.I.  』

6年間に7ヶ所で仕事体験をしました。
いつも6ヶ月が終わるときには、企業の担当者とサポーターに感謝の
手紙を書いて読み上げ、手渡していました。素直な彼はだれからも好
かれています。
Az君、ありがとう!!!

年度の変わり時で、次のぷれジョブ開始まで少し間が空いている人も
います。次の定例会までになんとか決めたいと思います。

(竹川)

スポンサーサイト

“ぷれジョブたかおか”交流会

2016.03.13.11:37


3月12日、“ぷれジョブたかおか”の交流会が開かれました。
HmさんのFBより転載させていただきます。

  今日は、ぷれジョブたかおかの交流会でした🎵
  いろいろ忙しいシーズンということもあり、若干参加者が少なめだったもの
  の、途中に駆けつけてくださったりしばらくしか参加出来なくても参加して
  くださったりと、とてもありがたかったです🎵(*^^*)

  写真は新聞紙折りたたみじゃんけんゲームと、新聞タワー作りゲームです😊
  大人は、童心に返って真剣勝負でたいへん盛り上がりました(笑)
  チャレンジドたちも負けてはいません❗
  私たち大人は、「チャレンジドたちはやっぱり若いね~(^^)」って話しなが
  ら楽しみました😅

  そして座談会…いつもチャレンジドに質問する「今までのお仕事でいちばん
  楽しかったものは?」に対してわりと意外な答えが返ってくること…(^^;
  そこがまたおもしろいところです🎵
  こうやって関わってくると、どうしてもチャレンジドたちが我が子のように
  可愛く思えますね♪

  何はともあれ皆さん、楽しんでいただけたようで良かったです🎵(*^^*)
  さて、次回はA君の修了式❗
  私は今まで彼の笑顔に癒されて来ました🎵
  卒業してからも、こうやって皆さんに愛される事でしょう🎵
  これからがまた楽しみです❤


  Hmさん、交流会の準備から報告まで、ありがとうございました。
  今後ともよろしくお願いします。
  (竹川)

  

“ぷれジョブたかおか”2月定例会

2016.03.03.23:43

またまた、報告が抜けてしまいました。申し訳ありません。

“ぷれジョブたかおか”2月定例会

2/28、“ぷれジョブたかおか”定例会報告
参加者、17名。
初対面の方が2名。また新しいチャレンジドがありその母親と、新しいサポーターさんです。すでにサポート企業も決まっており、11月に開催したフォーラムの会場であるコミュニティーセンターにある図書館で引き受けていただきました。

この日には、二人のチャレンジドが半年間のぷれジョブを修了し、修了証を授与しました。
・Ds君は高校1年生、今回5回目の修了証授与です。
 この日は、定例会の進行役をOm君と一緒にやってくれました。
 中学生だった初めの頃は、会っても眼を合わせることができず、定例会に加
 しても、じっと座っていることができず、いつの間にか外へ出て行ってしまい
 ました。
 この日はずっと終わりまで進行役を果たし、サポーターさんたちからは、丁寧
 な仕事、お客さんとの応対も可、金箔を仏壇に貼ったり剥がしたりの仕事が、
 器用にできることが分かり、すごいと報告され、本人も手先の仕事も好きだ、
 と言っていました。
 また、自ら気がついたことを進んでやり遂げることも評価されていました。
 こうした経験が今後の教育と実践によって、将来に繋がって行ってくれたら、
 ぷれジョブの意味も評価も、見直されることと思います。

 ・もう一人の修了者はNd君です。最初の修了証です。
 小学6年生。4月からは中学生になります。
 パッケージプラザさんでいろいろな仕事をしてきました。
 いつもながら企業の側の気遣いに、大変感謝しています。
 Nd君も期待に応えてくれました。箸を箸袋に入れる作業を200本やり遂げた
 とか、保冷材を切り離して10個ごとにまとめてシールを貼る仕事を達成した
 とか、お客さんへの挨拶もしっかりできているとか、意欲的でサポーターから
 の評価も高い。
 これからが楽しみです。

 ・Om君も進行役を立派にやってくれました。彼も高校1年生。
 カフェの準備作業が仕事です。箒、掃除機、モップを使っての作業。
 掃除機は2種類を使い分けるそうです。窓ふき作業もあります。
 今回の報告では、チャレンジド本人とサポーターとの約束事が報告されま
 した。彼によると、
  ①ケータイは持ち込まない。
  ②時間を守る。
  ③挨拶は相手の顔を見てする。
 私たちから見ると、①が以前から気になっていました。いつもケータイや
 ゲーム機に注意がいってしまい、集中力が途切れることが気になっていまし
 た。そこで、サポーターさんたちが考えて、高校生にもなったのだから少し
 ずつ本人の意識を変えさせようとしています。彼自身もそれに応えようとして
 います。

 ・Az君は高校3年生です。3月中でぷれジョブも卒業です。
 ここでも店長さんがいろいろな仕事を考えてくれています。
 ただ最近店長さんが代わったようでした。あと1ヶ月、素直な彼のことです
 から、無事やり遂げてくれると思います。

・なお、家族会では3月12日pm.1:30より、チャレンジドを主役にして交流会を開催することになりました。ふれあい福祉センター2F。
参加費一人100円です。

・市の社会福祉課からの要請で、民生委員・児童委員の合同研修会で「ぷれジョブから やさしい福祉のまちづくりを!」のテーマで講演をすることになりました。3月14日(月)pm.1:30、市役所802会議室。

以上、“ぷれジョブたかおか”2月定例会でした。

今後ともよろしくお願いします。
(竹川)

27年度総会

2015.06.16.21:37

平成27年度“ぷれジョブたかおか”総会が、6月14日(日)に高岡市ふれあい福祉センターにおいて開催されました。参加者は16名でした。

議事
(1)26年度活動報告
  ①定例会開催実績 月1回、12回開催 参加者総数173名
  ②ぷれジョブ参加者 
      中学3年         3名
      支援学校高等部2年 1名
        同上      3年 1名
      
    サポート企業     9社
    ジョブサポーター  11名

(2)26年度“ぷれジョブたかおか”収支決算書  略

(3)27年度“ぷれジョブたかおか”活動計画
   ①ぷれジョブ参加者 4名
   ②高岡市協働事業に参加 やさしい福祉の町づくり事業
       講演会とパネルディスカッション
       パンフレット、チラシの作成
       ボランティア講座の開催

(4)27年度収支予算  略

以上、承認されました。

議事終了後、参加の皆さんから自由にいろいろ感想、意見が述べられました。

・ボランティア養成への期待、仲間作りの必要性、障がいをめぐる理解の拡大、輪を広げていくための活動、などの指摘。
・保護者からは、ぷれジョブに参加して生き生きと元気になり、今卒業して自立して働く姿をみていきたい。
・ぷれジョブを通じて成長する姿を見、暖かい気持ちに包まれることができた。
・もう6年経験してきて、学校では難しいこともあるけれど、できる仕事があることを知ることができた。
・ぷれジョブを通じて社会と接触することが進んだ。先日、忘れ物をして、母が学校に届けた時、「ごめんね!」と言う言葉が素直に出てきた。それが嬉しかった。高等支援学校に入って、友達が増えた。
など。

3人のチャレンジドのぷれジョブ中の姿を見せてもらいました。
 助成金で購入したビデオカメラとプロジェクターを早速使いました。実際にこうして姿を見ると、みんなが一生懸命働いていることが実感できました。


・今年度は、高岡市協働事業に提案し、採用されましたので、開始して5年経った今、過去を振り返りながら、新しい一歩を踏み出したいと思います。

(竹川)

 

2015年最初の定例会

2015.01.30.08:38

2015年1月定例会
◆1月19日午後7時より、“ぷれジョブたかおか”の1月定例会がありました。
  出席者は13名。
 現在、3名がぷれジョブ実施中。高校3年生1人、中学3年生2人。
 そして中学3年生が二人待機中。

○Tnさん、高等部3年生。もうすぐ卒業です。
  ヨガ・センターのマット掃除、伝票整理などを体験。
  最近は、年賀状の送付先にクジ付きで賞品を提供することについ
  ての会議に参加し、いろいろ意見を出して協力したそうです。
  これは、センターのSさんがTnさんをいろいろな場に参加させ、体
  験の幅を広げようとしてくださったお蔭です。
  また、今月には担任の先生が見学に来られて、助言を与えてくれ
  たということでした。
  また逆に、サポーターのAzさんとSさんが、学校での学習発表会
  に参加されたそうです。

  あと2回で“ぷれジョブ”も修了となります。そして卒業でもありま
  す。たくさんの人々に見守られ、応援され、なんとかスムーズに
  社会に出て行くことができるように期待しています。

○Az君、住宅関連設備の展示場で“ぷれジョブ”中。
  窓ふき、床掃除、システムキッチンなどの展示物の掃除など。

  サポーターのUdさんからの報告で、Az君の好いところは、適確な
  挨拶、礼儀正しさ、一度伝えたことを忘れないこと、分からないこと
  は「分かりません」と言って聞くこと、できないことはお願いしますと
  言うこと。
  店員のTkさんに、日誌に今日の作業について記入していただき、
  読んで渡してもらうと、嬉しかったそうです。

○Ds君、珈琲喫茶で珈琲の袋詰め、豆の補充、シール貼り、シール
  シートの不要部分を剥がしシール部分をはさみで切り離す作業。
  
  1月10日に行われた勉強会(この報告は省略しました)で、Ds君は
  自分の課題を「集中力」と言っていました。お母さんの話でも「なん
  で集中できないんだろう」と言っていたそうです。
  作業中もテレビやオルゴールが気になることがあるようです。
  立ってする作業の時に集中しにくいらしい。
  でも彼はそれを自覚して、挨拶をしっかりする、集中力を保つよう
  に努力しているようです。

  参加者からの意見では、仕事の重要さ、意義についてきちんと
  伝えること、商品を扱っていることを自覚すること、などが出ていま
  した。

  休憩や息抜きや、彼なりのテンポが身に付くと好いかなと思いま
  す。

○この日は」、10日の勉強会のことも含め、参加者の皆さんから多くの
 意見・感想が出されました。貴重でした。
 今待機中のOm君のお母さんからは、学校に通いながらも二次障害
 が出ないか不安だった時に、“ぷれジョブ”に参加するようになり、
 それが大変役に立ってよかった、という発言がありました。

 好い定例会でした。(竹川)

プロフィール

“ぷれジョブたかおか”

Author:“ぷれジョブたかおか”
ぷれジョブたかおかは、障がいのある児童生徒が、1週間に1回1時間、ジョブサポーターに見守られながら、地元の商店や企業で仕事体験をするものです。小学校5・6年生から高等学校卒業まで継続し、半年ごとに体験の場とサポーターを変え、多くの地域の人たちと触れあいます。その触れあいを通して障がいのある人たちへの理解を深めて、障がい者に優しい共生のまちづくりを目指します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。