FC2ブログ

2月定例会(2012.2.27)

2012.03.06.17:43

2月20日、“ぷれジョブたかおか”定例会を行いました。
出席は、17名。H君のサポーターをお願いするSさんや、
O君のサポーターをお願いするKさん、学校の先生がお二人
出席され、賑やかな定例会でした。

①H君の第2期開始。
 待機中だったH君の“ぷれジョブ”が開始されました。
 サポート企業は、樽蔵産業株式会社と言います。
 農地作業委託請負、農地管理請負の形で農業を行い、
 食品加工販売をも行っています。
 ここでは冬期間にも作業ができるように、昨年からこまつ菜の
 水耕栽培を始めました。そこにH君にふさわしい仕事がある
 だろうということで、受け入れていただきました。
樽蔵産業1
樽蔵産業2
樽蔵産業3
 苗が植えられたこの台の上、表面のビニールの下を肥料が
 溶けた水が流れて循環して栽培されています。

 H君は2月18日から“ぷれジョブ”を開始しました。
 初日は緊張気味だったようですが、苗を水平に植えるように
 指導を受け、苗を植えていく作業に、だんだん慣れていった
 そうです。こまつ菜の料理の話や、学校の話もできて、農業を
 楽しむことができたようです。

②O君の第3期の“ぷれジョブ”について
 ホンダカーズ北陸開発店での実施が決まり、打ち合わせをする
 ことになりました。
 定例会のあと、3月1日に、O君親子、サポーターのKさん、
 事務局がいっしょにお店に伺い、3月中はお店が忙しいので
 4月から平日の夕方に実施することになりました。
 お店には車のミニチュアなどもたくさんあって、O君にとって
 はちょっと目移りしそうでした。

③A君の第3期の“ぷれジョブ”について
 まだ待機中ですが、遅くとも4月から開始できるように努力中
 です。

④“ぷれジョブたかおか”のパンフレット作成について
 倉敷のパンフをお手本に、検討中です。この定例会では、
 いろんな意見が出て、にぎやかでした。
 意見を入れて、世話人会で作成していくことになりました。

⑤富山県社会福祉協議会発行の『福祉とやま』3月号に、
 ボランティア団体紹介で、“ぷれジョブたかおか”が紹介され
 ました。

⑥「全国ぷれジョブ連絡協議会」について
 岡山県や新潟県を中心にして、この団体が結成されました。
 西幸代先生から連絡を受け、協議会への参加を検討しました。
 協議会では、“ぷれジョブ”の趣旨を「ぷれジョブ7箇条」に
 整理しました。この趣旨に私たちの“ぷれジョブ”が当て
 はまっているかを話し合いましたが、第7条の説明文に疑問が
 生じ、協議会に連絡を取って協議することになりました。

今回の定例会には、参加者も多く、多くの意見が出されて、
活発な会となりました。
(世話人T)



スポンサーサイト
プロフィール

“ぷれジョブたかおか”

Author:“ぷれジョブたかおか”
ぷれジョブたかおかは、障がいのある児童生徒が、1週間に1回1時間、ジョブサポーターに見守られながら、地元の商店や企業で仕事体験をするものです。小学校5・6年生から高等学校卒業まで継続し、半年ごとに体験の場とサポーターを変え、多くの地域の人たちと触れあいます。その触れあいを通して障がいのある人たちへの理解を深めて、障がい者に優しい共生のまちづくりを目指します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム