FC2ブログ

“ぷれジョブたかおか”4月定例会(2012.4.16)

2012.04.22.22:38

“ぷれジョブたかおか”4月定例会を4月16日に開催しました。
出席者12名。

◇現在O君は中学校に入学したばかりで、部活動などのお誘いも
あり、中学生活の開始が安定するまで“ぷれジョブ”開始がお預け
状態です。

◇A君も新学期を迎えましたが、次のサポート企業とジョブサポー
ターがまだ決まっていません。近々決まるものと思います。

◇H君は回を重ねる毎に仕事を覚え、仕事を楽しんでいるようで
す。
現在、H君にはSさんのほかSさんの都合が悪いときはAさんが
サポーターをしておられます。
お二人のサポーターとH君のお母さんの話によると、今回は、
こまつ菜の定植の仕事がちょっと複雑になって、苗を選んで植えて
いくことになり、双葉のほかに本葉が出ているのをサポーターの
協力を受けながら選んで、植えていったそうです。
こまつ菜の定植
定植作業は、左側から右へという順で進む場合と、右から左へと
進む場合がありますが、これも両方できるようになりました。
天候によっては、苗を深く植えたり、浅く植えたりすることもある
そうで、指導を受けながら進んでいます。

お母さんによると、農場長さんから「H君一人でも大丈夫じゃな
い?」と言われ、時間いっぱいとても集中して作業しており、
とても嬉しく思いましたとのことです。

◇“ぷれジョブたかおか”のパンフレットがいよいよ印刷に回り
ました。A4、6ページで絵入り写真入りでできます。しばらく
お待ち下さい。

◇ブログのデザインを、2周年を機に変更する予定です。

◇“ぷれジョブたかおか”の第3回総会
  6月9日(土)午後 開催の予定です。

◇次回の定例会の予定
  5月21日(月)PM.7:00 ふれあい福祉センターにて。


スポンサーサイト
プロフィール

“ぷれジョブたかおか”

Author:“ぷれジョブたかおか”
ぷれジョブたかおかは、障がいのある児童生徒が、1週間に1回1時間、ジョブサポーターに見守られながら、地元の商店や企業で仕事体験をするものです。小学校5・6年生から高等学校卒業まで継続し、半年ごとに体験の場とサポーターを変え、多くの地域の人たちと触れあいます。その触れあいを通して障がいのある人たちへの理解を深めて、障がい者に優しい共生のまちづくりを目指します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム