FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ぷれジョブたかおか”7月定例会

2012.08.19.11:22

“ぷれジョブたかおか”の7月定例会が、7月19日夜に開催されました。
参加者は20名。初参加の方もあり、また増えています。

☆H君:樽蔵産業さんでこまつ菜の水耕栽培を手伝っています。
    サポーターのSさんによれば、苗箱の水洗いの仕事では、
    要領を得て能率がよくなって、枚数が増えているそうです。
    サポーターのArさんは、樽蔵産業の田村さんの教え方が
    いいので、スムーズに行っていると言われます。
    その樽蔵産業での“ぷれジョブ”も、今月いっぱいで6ヶ月
    の期間を終了です。早いものです。
    次はどんなところにしましょうか。

☆O君:6月1日からホンダカーズ北陸高岡開発店で3期目を開始。
    サポーターはKさん、ときどき事務局のAさんが協力。
    仕事は、書類綴りの定位置に店名と住所のハンコを重ねて
    押すこと。2枚のハンコを重ねて、定位置に押すという
    ことが、なかなかむずかしいようでした。
    回を重ねることでうまく押せるようになっていきました。
    ただ、この作業を続けていると、集中力が跡絶えがちで、
    休憩を適当に入れても、1時間続けることはむずかしそう
    です。
    そこでお店のガラス壁を拭く仕事を30分ぐらい入れるように
    なりました。ゾウキンを洗ったり絞ることがむずかしいよう
    です。水平に拭いたり、角を直角に拭いたり、いろいろ工夫が
    必要。
    サポーターのKさんは、彼は、サポーターの反応を見ながら
    仕事をしていて、こちらが観察されているよう、と。

☆A君:“ぷれジョブ”開始しました。サポート企業はカット野菜を
    製造する三幸ベジタブルフーズです。ここには障がい者たち
    が働いています。
    仕事は、カットされた野菜をほぐして、一定量重さを計って、
    袋に詰める、袋を5個ずつスチロール箱にきちんと詰め、氷を
    入れること。
    ここでは、衛生管理が厳重で、白衣に着替えて仕事モードに
    なって仕事場に入っていくことになります。
    サポーターは、Teさんです。

★今後の予定として、研修会を開催することになっています。
“ぷれジョブ新潟”の活動について新潟から講師を招いて学んでいく
ことになりました。予定は、10月13日(土)です。今後、交渉し
ていくことになりました。

     

スポンサーサイト
プロフィール

“ぷれジョブたかおか”

Author:“ぷれジョブたかおか”
ぷれジョブたかおかは、障がいのある児童生徒が、1週間に1回1時間、ジョブサポーターに見守られながら、地元の商店や企業で仕事体験をするものです。小学校5・6年生から高等学校卒業まで継続し、半年ごとに体験の場とサポーターを変え、多くの地域の人たちと触れあいます。その触れあいを通して障がいのある人たちへの理解を深めて、障がい者に優しい共生のまちづくりを目指します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。