FC2ブログ

2015年最初の定例会

2015.01.30.08:38

2015年1月定例会
◆1月19日午後7時より、“ぷれジョブたかおか”の1月定例会がありました。
  出席者は13名。
 現在、3名がぷれジョブ実施中。高校3年生1人、中学3年生2人。
 そして中学3年生が二人待機中。

○Tnさん、高等部3年生。もうすぐ卒業です。
  ヨガ・センターのマット掃除、伝票整理などを体験。
  最近は、年賀状の送付先にクジ付きで賞品を提供することについ
  ての会議に参加し、いろいろ意見を出して協力したそうです。
  これは、センターのSさんがTnさんをいろいろな場に参加させ、体
  験の幅を広げようとしてくださったお蔭です。
  また、今月には担任の先生が見学に来られて、助言を与えてくれ
  たということでした。
  また逆に、サポーターのAzさんとSさんが、学校での学習発表会
  に参加されたそうです。

  あと2回で“ぷれジョブ”も修了となります。そして卒業でもありま
  す。たくさんの人々に見守られ、応援され、なんとかスムーズに
  社会に出て行くことができるように期待しています。

○Az君、住宅関連設備の展示場で“ぷれジョブ”中。
  窓ふき、床掃除、システムキッチンなどの展示物の掃除など。

  サポーターのUdさんからの報告で、Az君の好いところは、適確な
  挨拶、礼儀正しさ、一度伝えたことを忘れないこと、分からないこと
  は「分かりません」と言って聞くこと、できないことはお願いしますと
  言うこと。
  店員のTkさんに、日誌に今日の作業について記入していただき、
  読んで渡してもらうと、嬉しかったそうです。

○Ds君、珈琲喫茶で珈琲の袋詰め、豆の補充、シール貼り、シール
  シートの不要部分を剥がしシール部分をはさみで切り離す作業。
  
  1月10日に行われた勉強会(この報告は省略しました)で、Ds君は
  自分の課題を「集中力」と言っていました。お母さんの話でも「なん
  で集中できないんだろう」と言っていたそうです。
  作業中もテレビやオルゴールが気になることがあるようです。
  立ってする作業の時に集中しにくいらしい。
  でも彼はそれを自覚して、挨拶をしっかりする、集中力を保つよう
  に努力しているようです。

  参加者からの意見では、仕事の重要さ、意義についてきちんと
  伝えること、商品を扱っていることを自覚すること、などが出ていま
  した。

  休憩や息抜きや、彼なりのテンポが身に付くと好いかなと思いま
  す。

○この日は」、10日の勉強会のことも含め、参加者の皆さんから多くの
 意見・感想が出されました。貴重でした。
 今待機中のOm君のお母さんからは、学校に通いながらも二次障害
 が出ないか不安だった時に、“ぷれジョブ”に参加するようになり、
 それが大変役に立ってよかった、という発言がありました。

 好い定例会でした。(竹川)

スポンサーサイト
プロフィール

“ぷれジョブたかおか”

Author:“ぷれジョブたかおか”
ぷれジョブたかおかは、障がいのある児童生徒が、1週間に1回1時間、ジョブサポーターに見守られながら、地元の商店や企業で仕事体験をするものです。小学校5・6年生から高等学校卒業まで継続し、半年ごとに体験の場とサポーターを変え、多くの地域の人たちと触れあいます。その触れあいを通して障がいのある人たちへの理解を深めて、障がい者に優しい共生のまちづくりを目指します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム