FC2ブログ

4月定例会

2016.04.28.15:08

4月24日、“ぷれジョブたかおか”の定例会がありました。
会場に少し遅れて入ると、いつも以上の熱気。
参加者は22名、参加を希望するチャレンジド1名、初めて参加された方3名、
これが熱気の原因だ。チャレンジドの母、サポーター希望の定年後と思われ
る男性、若い女性教師。すみません、きちんとお話しする時間がなくて、
こんな表現しかできません。

これまで知らなかった人とつながりを持つことの喜び。

この日は二人の修了式を行いました。
Om君:ぷれジョブ第1号の彼も高校2年生。カフェで開店前の清掃作業を
してきました。掃除機、2種類の雑巾、テーブルと椅子を移動しての作業。
3人のサポーターが交替して支援しましたが、高校生になったOm君に対
してはかなり厳しく、掃除の基本動作について指導し、家でも手伝いをする
ように指導。丸く拭くのはダメ。
時間配分を考えて作業ができるようになった。
この日も、定例会の進行係を引き受け、先輩面をすることも時々。

Az君:3月で修了していましたが、彼の都合で1ヶ月遅れの修了式。
第2号の彼は、3月に高校を卒業、ぷれジョブもこの日で卒業。
修了証を渡した後に、過去のぷれジョブ中に私が撮った写真をプリントして
渡しました。彼は新聞にもテレビにも登場してぷれジョブの普及に協力して
くれました。お父さんが、彼が生きていくためには障がいを知ってもらって
支援を受けていくことが大切だ、と考えられたからでした。
4月からは就労継続支援B型事業所で活躍中です。

そして、その後に、彼から私に手紙を読んで渡してくれました。感激です。
Az君からの手紙

ちょっと光不足ですみません。

『6年間ありがとうございました。
ぼてじゃこでそうじをしました。
ホンダカーズでカレンダーをまいてテープでとめました。
サンコーでだいこんをふくろに入れました。
ありがとうラーメンでつくえをふきました。
やすらぎでたいそうが楽しかったです。
カネソでチラシをはりました。
弁けいでねだんづけをしました。
ぷれジョブはいつも楽しかったです。

ありがとうございました。
    平成28年4月24日
        A.I.  』

6年間に7ヶ所で仕事体験をしました。
いつも6ヶ月が終わるときには、企業の担当者とサポーターに感謝の
手紙を書いて読み上げ、手渡していました。素直な彼はだれからも好
かれています。
Az君、ありがとう!!!

年度の変わり時で、次のぷれジョブ開始まで少し間が空いている人も
います。次の定例会までになんとか決めたいと思います。

(竹川)

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

“ぷれジョブたかおか”

Author:“ぷれジョブたかおか”
ぷれジョブたかおかは、障がいのある児童生徒が、1週間に1回1時間、ジョブサポーターに見守られながら、地元の商店や企業で仕事体験をするものです。小学校5・6年生から高等学校卒業まで継続し、半年ごとに体験の場とサポーターを変え、多くの地域の人たちと触れあいます。その触れあいを通して障がいのある人たちへの理解を深めて、障がい者に優しい共生のまちづくりを目指します。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム